無花果のサンドイッチ

無花果ジャム、クリーム、フレッシュ無花果のサンドイッチ。
                  

Photo_3            

クリームの材料は、マスカルポーネチーズ室温に戻して50g、生クリーム100ml、グラニュー糖大さじ1。

ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れて泡立て、すくい上げると角ができ、クリームの先が折れるくらいになったら、マスカルポーネチーズを加えて混ぜる。
             

Photo_4                

好みの味に仕上がった。

フルーツサンドも食べてみると案外美味しいものである(笑)

 

|

無花果ジャム

ジャムは色がきれいじゃないとつくる楽しみがない(笑)
             

Photo_5       

無花果は、皮ごとざく切りにして、グラニュー糖を振りかけ、水分が出たら火にかけ、丁寧にアクを取りながらとろりとするまで煮て、レモン汁を加えて仕上げる。
             

Photo_6                

程よい甘さとプチプチ食感。

美味しい。

 

|

アラビアータ

唐辛子とにんにくの効いたトマト味のパスタ。
               

Photo                        

オリーブオイルで赤唐辛子、にんにくを炒め、トマトソースを加えて煮立ったら茹でたスパゲッティを加えてからめる。

火を止め、素揚げ茄子とパルメザンチーズをふり、全体をからめ、塩で味を調える。
            

Photo_2                  

作り置きトマトソースで手早く仕上げる。

 

|

蓮根のきんぴら

シャキシャキした歯ごたえと甘辛味でご飯が進みます。
            

Photo            

ごま油でさっと炒めて味付け。
                  

Photo_2 

素材の味だけではなく食感も美味しさのひとつです。
            

Photo_3          

冷めると味が馴染んでさらに美味しい。

 

|

酢蓮根

アクが少なくみずみずしい色白新蓮根。
                

1                  

薄切りした蓮根をさっとゆでてさっぱり甘酢に漬けました。
               

Photo            

酢のさっぱりした風味は箸休めにぴったりです。
               

Photo_2                      

シャキシャキ歯触りを楽しみました。

 

|

すだちそうめん

またまたすだちそうめん。
               

Photo_2            

香りと酸味が爽やかで、もうそれだけでごきげんなのです。
             

Photo_3           

つるつるっと美味しい。

つゆが美味しい。

 

|

ゴーヤチャンプルー

まだまだ暑いのでゴーヤも食べています。
            

Photo      

ゴーヤ、豆腐、豚肉、卵と栄養的にも優れています。
               

1                

味付けは塩、胡椒、仕上げにしょうゆを回しかける。

 

|

無花果と生ハム、チーズのサラダ

完熟無花果。

全体に赤い色がまわって美味しそう。
               

Photo_3             

この赤紫はアントシアニン。

抗酸化力が強く目の健康にいい栄養素です。
                   

Photo_4          

完熟の無花果は皮がやわらかいので皮ごとでも食べられます。

でもこのサラダは皮をむいています(笑)
                  

1             

無花果、生ハム、カマンベールチーズ、フリルレタス、ルッコラ、パクチー、トマト、白バルサミコ酢、オリーブオイル、塩、胡椒。

無花果、生ハム、チーズは相性バッチリの組み合わせです。

 

|

いくらの醤油漬け

秋なんですね。

魚売り場に北海道産の生筋子が並んでいました。
               

Photo                      

例年の如く、まずは一回目のいくらを仕込みました。
                     

Photo_2       

生筋子をほぐし、好みの漬けだれに漬けるだけです。

         
今日も暑かった。

            

|

プルーンジャム

程よい甘さと酸味。
               

Photo_3                   

プルーンは、種を取って皮ごとざく切りにしてグラニュー糖を振りかけ、水分が出たら火にかけ、アクを取りながらとろりとするまで煮て、レモン汁を加えて仕上げる。
                        

Photo_4                

ジャムは、いつも感覚だけでつくっています。

果実の味をみて砂糖の量を決め、レモン汁も味をみながら量を決めています。
                

1         

試食タイム。

 

|

すだち蕎麦

爽やかなすだちの香りがふんわり。
                

Photo                  

スライス したすだちをたっぷり浮かべました。

つゆはすだちの酸味をいかしてすっきりした味に仕上げました。
                      

Photo_2            

つゆも美味しくいただきました。

 

|

冷麦

暑い日に食べたい冷麦。
               

Photo      

飽きずにまだ食べています(笑)
            

Photo_2                        

真夏日。

まだまだ残暑が続きそうです。

 

|

マグケーキ

マグカップひとつでできるケーキ。
               

Photo_3                  

どんなものかつくってみました。

薄力粉大さじ2、ベーキングパウダー小さじ1、砂糖大さじ1、油小さじ1、卵1個、いちご砂糖漬け3個。

マグカップに材料全て入れて、ダマがなくなるまでかき混ぜて、いちごを加えて、600Wのレンジで2分ほど加熱しました。
         

Photo_5                  

簡単にふっくらケーキが出来上がりました。

でも残念。このマグカップ。

このケーキは何より見た目が重要なのだ(笑)
                     

参考にさせていただいたマグケーキはとってもおしゃれでした。

 

|

葡萄のコンポートと炭酸水割り

弾ける炭酸。
            

Photo                         

葡萄のきれいな色が出たシロップに炭酸水を注いで、しゅわしゅわを楽しみます。
                      

Photo_2                   

色水遊び。

 

|

トマトスパゲッティ

リクエストがあればつくります。
               

Photo_3                               

トマトと茄子、ピーマン、たまねぎ、ウインナーソーセージ、トマトソース、粉チーズ。
                      

1             

作り置きのトマトソースがあれば簡単にできる。

 

|

茄子漬け

いつものご飯と塩と砂糖で漬けた茄子漬けです。
            

Photo                  

いい塩梅に漬かっています。
               

1_2                

炊き立ての白いご飯にこの茄子漬けがあればそれで満足です(笑)

                  

|

抹茶小豆蒸しパン

蒸しパンは懐かしさを感じるおやつです。
          

Photo_5                         

お茶の香りが口に広がり、もっちりふっくら。
                
              Photo_6

                     
何より素朴なのがいい。      

 

|

丸ズッキーニのとろ~りチーズ

簡単にすぐできるところが魅力。
             

Photo_2                         

輪切りにしたズッキーニにハーブソルトをふりかけ、さらにとろけるチーズをのせる。

ラップをせずに電子レンジにかける。
                   

Photo_3                     

丸ズッキーニはみずみずしくてフルーティーな味わい。
               

Photo_4            

熱々とろ~りしたところをいただきます。

 

|

コリンキーの浅漬け

コリンキーはお漬物にすると美味しい。
         

1               

コリコリした食感。

食べるとやっぱり南瓜の香りがする。
         

Photo         

水、酢、砂糖、塩、昆布を入れて煮立て冷まし漬け汁を作る。

保存袋に漬け汁と半分に切って種を除いたコリンキーを入れて2日ほど漬ける。

 

|

青茄子の田楽

茄子がとろっと美味しい。
             

1                     

電子レンジで火を通した茄子に田楽味噌をぬり、こんがりオーブンで焼く。
                

2         

田楽味噌。

八丁味噌を酒と味醂でゆるめ砂糖を加えて火にかけて煉る。

 

|

スフレチーズケーキ

もどき。
            

Photo_7                     

クリームチーズ100g、卵2個、ヨーグルト100g、グラニュー糖30g。

①クリームチーズを室温に戻し、グラニュー糖と混ぜ合わせ、卵黄、ヨーグルトを加え、よく混ぜ合わせる。

②卵白とグラニュー糖でメレンゲをつくる。

③①と②をさっくりと混ぜ合わせ、耐熱容器に入れ、150度に予熱したオーブンで150度で25分、140度で20分ほど焼く。
             

Photo_6    

できたてとろとろあったかチーズケーキ。

 

|

UFO型ズッキーニの甘酢漬け

これがUFO型ズッキーニ(カスタードホワイト)です。

生で食べてみたらサクサクとした歯ごたえでクセもなくほんのり甘みがありました。
                  
                 Ufo

                                  
薄く皮をむいてスライス。

塩を軽くふり、しんなりしたら、水けをしぼって甘酢に漬ける。
                  

Ufo_2                  

箸休めにさっぱりして美味しいです。

 

|

ラタトゥイユ

八ヶ岳の夏野菜をいっぱい貰ったのでラタトゥイユをつくる。
                     

Photo_3                           

ズッキーニと云えば簡単で美味しいラタトゥイユです(笑)
                     

Photo_4                     

大鍋いっぱい。

しっかり炒めてから野菜の水分だけで蒸し煮する。
                        

Photo_5                   

美味しいです。

                  

|

冷麦

相変わらずあるものを乗っけただけの冷麦です。
               

Photo_4      

冷たいうどんや冷麦、素麺のときのおかずは何がいいのか考えるまでもなく、こういうときはさっぱり食べたいときなのでいつも同じようになってしまう(笑)
               

Photo_5            

つゆをかけてどうぞ!!

          

|

オクラの味噌たたき

夏によく登場するオクラの味噌たたき。
               

Photo_2             

オクラは、がくを綺麗にむき、塩をつけた両手でこすり合わせ、熱湯に入れ1~2分ゆで、色鮮やかになったら、冷水にとり色止めする。

私はすぐ食べるときは水に取らずに使っています。

細かく刻んで味噌、鰹節を加え、混ぜ合わせながら、まな板の上でたたいてとろとろにする。
                  

Photo_3            

オクラは少しやわらかめに茹でたのが好みです。
               

Photo              

おひたし、和えもの、酢のもの、サラダや汁の実など、茹でるだけでなく、炒めたり、焼いたり、揚げたりしても美味しいオクラです。

口当たりがよく、食欲をそそるので夏場にはピッタリですね。

 

|

酢豚弁当

残り物を詰めたお弁当です。
             

Photo_3                      

酢豚、きのこのマリネ、五目豆、茄子漬け。
          

Photo_4           

ひとり夕ご飯。

食べるころには茄子漬けの色が変わっていた(笑)

                     

|

きのことアボカドのわさび醤油和え

わさび醤油で和えただけです。
                   

Photo               

ひらたけと白ぶなしめじは酒をふって蒸し煮。
アボカドは食べやすい大きさに切ってレモン汁をふりかける。

わさび醤油で和える。
            

Photo_2               

普通に美味しいです(笑)

 

|

黒酢焼きそば

麺を先に炒めておき、つぎに、具材を炒めて、そこに麺を戻して、調味料をかけて炒め合わせる。
            

Photo                

フライパンに油を熱し、中華麺入れて焼きつけ、焼き色がついたら返して両面焼いて取り出す。

続いて豚肉を入れて炒め、色が変わったら、ねぎ、もやしを加えてしんなりするまで炒める。

麺を戻し入れ、パプリカを加え、合わせ調味料(黒酢、しょうゆ、砂糖)を加え、汁けを飛ばしながらさっと炒める。
             

Photo_2         

器に盛り、好みで黒酢をかけていただきます。

 

|

ねぎ油そば

ねぎ油(長ねぎの香りを移した香ばしい油)の和え麺。
                

Photo                  

たれの材料(ねぎ油、しょうゆ、黒酢、こしょう)を混ぜ合わせ、ゆでた中華めんの水けをきり、たれをかけ、全体を和える。

刻んだ叉焼とゆで玉子をのせ、揚げたねぎもたっぷりのせる。
                     

Photo_2            

相変わらず美味しい。

 

|

上海風焼きそば

しょうゆ&オイスターソース風味の焼きそばです。
                  

1_2            

フライパンを熱し、油をひいて、にんにく、しょうがを入れて香りが立ったら豚肉を入れて炒める。

豚肉の色が変わったら、中華麺と酒を入れて、麺をほぐしながら炒め、もやし、パプリカ、クレソンを入れてさらに炒め、しんなりしたらオイスターソース、しょうゆを加えて全体にからめる。

塩、胡椒で味を調え、ラー油を回しかける。
                  

Photo_2                        

野菜たっぷり。

相変わらずお昼は麺類です。

                  

|

«鶏挽肉のバジル炒め