« 無花果と生ハムのサラダ | トップページ | いかのトマト煮 »

夏野菜の洋風雑炊

野菜だけの夏野菜雑炊。
                                 
                                       

      Photo                                                                       
         

                  
ご飯を水でさっと洗ってぬめりを取り、ザルにあげて水気をきる。

スープを煮立てご飯を加え、途中アスパラ、ズッキーニ、トマト、ゆでた枝豆を加え、仕上げに塩こしょうで味を調え、すりおろしたパルミジャーノチーズをさっと混ぜる。
                         

 

|

« 無花果と生ハムのサラダ | トップページ | いかのトマト煮 »

コメント

cypressさん、お帰りなさい!
アスパラ、ズッキーニ、トマト、枝豆、今ちょうど収穫してます(^^)(ささやかながら無花果も)
全種類一度に取れるかが問題ですが、ぜひ食べてみたいです
スープは何ベースでしょうか?

投稿: パピコ | 2007年8月21日 (火) 23時30分

わ~まだかな まだかな・・・と子どもがおやつを待つ心境でした。
さっぱりあっさり 美しく・・・さすがです。
食べ物のことは 考えるのも嫌でしたが元気がでました。
私も今夜あたり作ってみますね。 ありがとうございます

cypressさん 私の住む広島県東部もいちじくの産地で
花屋の店のすぐ裏にいちじく畑があります
そこのおくさんに分けていただいて(熟して出荷できないいちじくですが )毎年20キロはジャムにして友達にあげたり 冷凍保存して一年近く食べます。ちょうどお彼岸の前で 結婚式も入ってきて忙しいのですが 魔女は夜な夜な煮ます^^
cypressさんもお好きなんですね 機会があればお送りできれば嬉しいです

投稿: 月草 | 2007年8月22日 (水) 06時26分

まだお休みかなと覗いてみたらわぁーおいしそう。この暑さでちょっと食欲が下降気味なのでさっぱりといただけそう。無花果のコンポートも食べてみたい。cypressさんのはどれを見てもきれいでおいしそう。

投稿: よっち | 2007年8月22日 (水) 11時15分

パピコさん、ご無沙汰でした。
暑さには滅法弱い私ですが、夏バテもせず意外に元気です(笑)
これは残りもの利用のごはんでした。
スープは洋風スープの素(固形)です(^-^ )
水1カップにコンソメ1/2個を溶かし、茶碗1杯のごはんを入れました。

畑から直のお野菜羨ましいです。
それに無花果も楽しみですね(^-^ )

投稿: cypress | 2007年8月22日 (水) 21時35分

月草さん、待っていてくれたんですか。。。
嬉しいです(^-^ )
暑いときにつくるものは、いつも以上に簡単なものばかりです。
暑いとは言え、毎日好きなものばかり食べているので
いつもより食べる量が多いみたいです(笑)

無花果の甘露煮とコンポートは、この時季になると毎年作っています。
甘露煮は、子どもの頃、母が大鍋いっぱいつくっていました。
こんな大きなものではなく、小ぶりで丸みがありました。
子どもの頃は好きではありませんでしたが、今はおいしいと思います(笑)

「魔女が仕込んだジャム」魅力的なり。

投稿: cypress | 2007年8月22日 (水) 21時58分

よっちさん、いつもありがとうございます(^-^ )
暑いと言いつつ しっかり食べています(笑)
汁っぽいものは スルスル入っていきます。
無花果 大分お安くなってきました。
私は 生よりも火を通した方が好みです。
天ぷらもおいしいですよ(^¬^)

投稿: cypress | 2007年8月22日 (水) 22時09分

おはようさんです(^。^)
暑い夏お元気でお過ごしでしたか?
またcypressさんのお料理が見られて嬉しいです☆
この洋風雑煮・・・夏の弱った身体に良さそうで~す。
挑戦します!cypressさんのお陰で色々メニューのレパートリが増えました。

投稿: じの | 2007年8月23日 (木) 09時17分

じのさん、ご無沙汰でした。
すっかりお返事が遅くなってしまいました。
ごめんなさい。
また、ちょっと出かけていました。
暑い暑いと言いながらよく遊びました(笑)
いつも同じようなおかずですが、また少しずつ料理撮りますね。

投稿: cypress | 2007年8月27日 (月) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無花果と生ハムのサラダ | トップページ | いかのトマト煮 »