« 牡蠣の酒炒り | トップページ | おうどんとおいなりさん »

きのこ煮

きのこはそれぞれ根元を切り、小房に分ける。鍋にサラダ油と赤唐辛子を入れて熱し、きのこを入れて炒める。

全体に油が回ったら、だし汁を加えひと煮し、しょうゆ、みりんを入れ2~3分煮て、茹でた春菊を混ぜ合わせる。

ゆずのすりおろしをふりかけて仕上げます。
                                          

             1_2

         
にぎやかに、いろいろなきのこを入れてみました。

きのこは好みのものを組み合わせてみると、それぞれに食感が違って楽しめます。
                                 

      Photo_2

                     
いただいた葡萄、ゴルビー 。
                                       

      Photo_4
                                                   

|

« 牡蠣の酒炒り | トップページ | おうどんとおいなりさん »

コメント

ゴルビーってゴルバチョフさんを思い出してしまいました!
こういうきのこたっぷりのっていいですよね〜〜〜〜〜♪
秋!って感じです。
もう牡蠣!
ぜいたくものーーーっ、と叫んでみました(^ー^)

投稿: クロエ | 2007年10月 6日 (土) 23時31分

クロエさん、こんばんは♪~
ピンポ~ン、そこから名付けられたそうです(笑)
甘さの中に程よい酸味があって美味しかったです。
人気上昇中の葡萄だそうです。

きのこもたっぷりいただいています。
栽培されたものでも、やっぱりきのこは秋のものです。
干しきのこは、保存できて便利ですね。

投稿: cypress | 2007年10月 7日 (日) 00時26分

この記事へのコメントは終了しました。

« 牡蠣の酒炒り | トップページ | おうどんとおいなりさん »