« たらの子と蕗の煮付け | トップページ | 里芋と牡蠣のグラタン »

せりの根のきんぴら

せりの根をよく洗い水にさらす。胡麻油でせりの根を炒め、だし、酒、砂糖、醤油を入れ汁がなくなるまで炒り煮する。

好みで一味をふっていただきます。

根の部分が最も香りがあり、きんぴらにすると美味です。
                                                

      Photo

                
せりと焼き舞茸の山葵和え
                                        

             Photo_2
                                             

せりはサッとゆで冷水にとりギュッとしぼる。醤油をふってもう一度汁気をしぼる。

焼いた舞茸と共にだし汁、しょうゆ、みりん、山葵で和える。

 

|

« たらの子と蕗の煮付け | トップページ | 里芋と牡蠣のグラタン »

コメント

こんにちは。
同じ食材を使って違うお料理、食材を使い切ってしまうとすっきりとした満足感があります。これって主婦にとっては憧れでとても大事なことですね。時々冷蔵庫の奥からなにやら干からびたものが出てくることがあります(-_-;)
せりの根のきんぴらは大人の味がしそうですね。
きのこの山葵和えは三つ葉でしますがせりでもいいのですね。

投稿: よっち | 2007年12月 5日 (水) 11時30分

こんにちは(^。^)
このお料理は始めましてです。
せりの根って売ってあるのでしょうか。
香りがあって美味しそうです。
先日の「牡蠣のチリソース」作って見ました。
とても美味しく出来しましたよ~♪
リンクさせて頂しました。

投稿: じの | 2007年12月 5日 (水) 14時59分

芹の根のキンピラは、勇気がでなくて作った事が
ありませんでしたが、これは美味しそうです。根は1本
づつ分けて炒めてるのですか? 根は無理でしたが、
下の固い茎の部分はキンピラにしてます。柔らかい先より
実は、こっちの方が御目当てだったりして(笑)...
香りが良いですよね。 なるべくなるべく食べきりたい
ものですね...青葱の根なども醤油漬けして、豆皿に
チビッとですが、酒の肴にしてます。食べきると気持ちが
いいもんですよね、美味しさも倍増する気がします。
芹の根も、今度からは絶対に捨てません(笑)。

牡蠣のオイル漬...美味しかったです♪

投稿: きばな | 2007年12月 5日 (水) 19時03分

よっちさん、こんばんは♪~
せりの根はもともと私にとっては捨てるところじゃないんです(笑)
大根でも丸ごと使い切ったときは嬉しいです。
菜めしも皮のきんぴらもなぜか美味しい。

山葵和えは三つ葉でもしますしクレソンでもします。
山葵漬けで和えても美味しいですよ。

投稿: cypress | 2007年12月 6日 (木) 19時41分

じのさん、こんばんは♪~
せりの根は食べる習慣がない方には驚きですよね。
根だけ売っているわけではなくせりに付いているひげ根です。
根の部分が最も香りがあるんですよ。

リンクありがとうございます。
美味しい牡蠣チリができて嬉しいです(^^)v

投稿: cypress | 2007年12月 6日 (木) 19時53分

きばなさん、こんばんは♪~
出どころがはっきりしていて新鮮な根でしたら食べます(笑)
子どもの頃から普通に根の部分も食べているんです。
茎や葉も美味しいんですがそれとは違う土の香りがして美味です。
綺麗にお掃除をして根本から3~4センチのところを2~3割にして炒めています。
これで3把分です(笑)

牡蠣のオイル漬け、あれから、また作りました。
毎日のように牡蠣を食べて大丈夫かしらと思いつつ、今夜も牡蠣です(笑)

投稿: cypress | 2007年12月 6日 (木) 20時02分

こんにちは(^.^)
せりの根のきんぴら作りましたよ。美味しかった~。
これからは捨てずに利用します。お酒のおつまみに丁度良いみたいです。
せりときのこの山葵和え、三つ葉とかわさび漬けもいいですがせりがよかったです。今回はエリンギでしました。
メニューが増えてうれしいでーす。

投稿: よっち | 2007年12月11日 (火) 14時07分

よっちさん、こんばんは♪~
せりの根の美味しさを知っていただいて嬉しいです。
きれいに洗えばちゃんと食べられます(笑)
セリは熱湯にサッと通すぐらいのゆで加減が歯ごたえや香りが楽しめます。
ビタミンC、鉄分、食物繊維なども多く含まれているそうですよ。
旬のせりをいろいろな料理に使って楽しみましょう!!

投稿: cypress | 2007年12月11日 (火) 20時57分

この記事へのコメントは終了しました。

« たらの子と蕗の煮付け | トップページ | 里芋と牡蠣のグラタン »