« がんもどきとぜんまいの含め煮 | トップページ | 大豆の山海煮 »

夏蜜柑ピ―ル

いただいた夏蜜柑は、中身が夏蜜柑ジェリーに、そして皮は砂糖漬けになりました。

時間をかけて蜜を全体にまんべんなく浸透させ、まろやかな味に仕上げます。
                                       
                 

      Photo

                           
                           
このピールは、軽く煮ただけなので、皮の固さが残り、夏蜜柑のほろ苦さと共にサクッとした食感も楽しめます。
                  

                    Photo_2
       

                            
このほろ苦さがたまりません。

珈琲といただくのが好きです。

 

|

« がんもどきとぜんまいの含め煮 | トップページ | 大豆の山海煮 »

コメント

こんにちはsun
透明感がありとてもきれいに出来上がっていますね。さすがcypressさんです。美しい~note
今年はまだ作っていませんが見ると食べたくなってきました。
焼きごま豆腐って聞いたことないです。どんなものなんでしょう?

投稿: よっち | 2008年3月 5日 (水) 11時36分

こんなに美しくできるのですね。精魂こめてつくられているからでしょう。ちょっと苦くて甘くて美味しいのが十分想像できます。目だけでお相伴に預かります。

投稿: Side Discussion | 2008年3月 5日 (水) 20時36分

こんばんは。
いつもながら、美しい仕事に惚れ惚れしています。
私の柚子ピールは、どうやら失敗だったようで、
美味ではあったのですが、皮に芯が残り固かった、
それと砂糖液にペクチンが多すぎて、なぜだか表面に砂糖の再結晶ならず。><
味は良かったので、ラム酒に漬け込みました。
お菓子作りに使おうかと。。。^^;
それはさておき、菜の花で卵焼き、ヒントをいただきました。
献立上、甘い卵焼きにしたかったので、ちょっぴり焦げ目。
cypressさんの、美しい出汁巻きには遠くおよびませぬ。。。orz

投稿: arinco | 2008年3月 5日 (水) 23時09分

おぉぉぉ~美しい....本当にお上手....感服いたします。

再結晶はさておき(笑)......
低農薬の「デコポン」と「ポンカン」があるので...
またピールに挑戦してみようかな....敗者復活戦で(笑)。

投稿: きばな | 2008年3月 6日 (木) 12時35分

よっちさん、ありがとうございます。
これもつくる過程が楽しいのです。
つくっている時はいい香りに包まれて幸せです。

こんなもんかなと思ってつくった焼きごま豆腐は
薄くごま油をひいたフライパンで弱火でじっくり焼きました。
外側はサクッと中身はとろとろ、わさび醤油でいただきました。
これはこれで美味しかったのですが、
結構嵩のあった胡麻豆腐がみるみる小さくなっていきました。
粉を付けなかったからだろうか、
市販の胡麻豆腐だったからだろうかと思ったものですから。笑。

投稿: cypress | 2008年3月 6日 (木) 20時20分

Side Discussionさん、ありがとうございます。
年に一度の夏蜜柑の皮の砂糖漬けです。
いい香りに包まれての楽しい遊びの時間でした。

投稿: cypress | 2008年3月 6日 (木) 20時23分

arincoさん、ありがとうございます。
そうなんです。私のピ―ルは固いんですよ。
私が拘っているのはこの固さなんです(笑)
ムニュよりサクッ。お味見されますか(笑)

投稿: cypress | 2008年3月 6日 (木) 20時40分

きばなさん、いやいや、そんなそんな。
私はもぎたてのこの夏蜜柑が一番つくり易いです。
相性がいいみたいです(笑)
いろいろな仕上げ方がありますから再結晶に拘ることはない(笑)
たくさんの種類の柑橘類が出回っていますね。
うちでよく食べるのは「清見オレンジ」「はるみ」「せとか」です。
少しずつ違いはありますがジューシーで気に入っています。

投稿: cypress | 2008年3月 6日 (木) 20時48分

私もcypressさんのこのきちんと長さもそろったピールのお仕事に惚れ惚れです
すべてのことに妥協しないお料理作りいつも尊敬です

私も以前にこのピールを見て3度も挑戦したけど再結晶ならず
生姜でやると出来るのに・・・なぜ?
何度もいじっているうちに硬くなってしまい刻んでパンやパウンド行きです (泣)
ピールも奥が深いですね
今年はもう、作る気力なしです
来年頑張ります(^^)

投稿: 気まま | 2008年3月 6日 (木) 22時22分

気ままさん、こんばんは~♪
気ままさんまでそんなことを...(笑)

ピ―ルは火を止めるタイミングが難しいのかしらね。
でも周りの砂糖が固まるので冷めると固くなりますよ。
そうそう、やり方は生姜の砂糖漬けと同じです。
それができているのにどうしてでしょう。
そういう私も柚子ピ―ルの時はあまりよい仕上がりではありませんでした。
細く切り過ぎたのもありますが...見映えがよくありませんでした。
やはり、私はもぎたての酸っぱい夏蜜柑と相性がいいみたいです(笑)

それでは来年の楽しみに残して置きましょう(^-^)

投稿: cypress | 2008年3月 8日 (土) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« がんもどきとぜんまいの含め煮 | トップページ | 大豆の山海煮 »