« 黒豆のりんご和え | トップページ | 凍み大根 »

小松菜と桜海老の煮びたし

薄めのだし汁で煮ただけですが、冬の小松菜は株も太く甘味があって美味しいです。
                         
             

      Photo

                           
          
小松菜に限らず、葉物類は買ってきたら、水につけシャッキとさせてから全部ゆでてしまいます。

ゆでてから水気をしぼって切って冷蔵庫に入れて置くと、和えものや味噌汁など何にでもすぐ使えます。
                        

 

|

« 黒豆のりんご和え | トップページ | 凍み大根 »

コメント

キレイな色ですねー。
私の煮浸し、いつもクタクタ醤油色です…。
すごく恥ずかしいけど、基本的な質問していいですか?
この煮浸しの時も、一度茹でておいたのを使うのですか?
私いつも生で作ってたのですが、もしかしてだから色が悪いのかしら…?

投稿: ハナキャップ | 2009年1月17日 (土) 09時21分

ハナキャップさん、こんばんは~♪
私は茹でてから使っていますが、
小松菜はアクが少ないので茹でずに使っても大丈夫です。
その分栄養分も逃げないと思います。

茹でずに使う時は、茎と葉に分けて、茎がしんなりしたら葉を加えて、
葉の緑色が冴えてきたら火を止めて、そのまま味を含ませています。

色が変わるのは、きっと火の通し過ぎかも知れませんね。

投稿: cypress | 2009年1月17日 (土) 19時19分

”一手間” とっても勉強になります

投稿: 知世 | 2009年1月18日 (日) 08時51分

知世さん、こんばんは~♪
そう、ひと手間が料理を美味しくしてくれます。
な~んて(笑)やり易いようにやっているだけですよ。

投稿: cypress | 2009年1月19日 (月) 21時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« 黒豆のりんご和え | トップページ | 凍み大根 »