« 里芋の辛子醤油 | トップページ | 秋刀魚の湯漬け »

里芋のそぼろ煮

季節の訪れを野菜の香りや味で感じることができるってやっぱり幸せ.......。

里芋も小粒ながら粘りもしっかりあって味もいい。
                                 
      

                      Photo
                        

皮つきのままの里芋を蒸して 皮をむいておく。

ひき肉に生姜のすりおろしを加えて炒め だし汁を加え沸騰したらアクを取り 里芋、酒、みりん、醤油を加えて弱火で煮て 水溶き片栗粉を全体に回しかけとろみをつける。

すだちの皮のすりおろしを散らして.......。
                              

             Photo_2
          

とろりとして美味しい。

果皮をすりおろしたすだちの風味が里芋の美味しさを引き立ててくれました。
                  

 

|

« 里芋の辛子醤油 | トップページ | 秋刀魚の湯漬け »

コメント

cypress さん
お芋系は大好物!
「京芋」ってご存知?
少し大きいのですが、炊くとホックリして美味しいの。
↓の小芋さん、私好みです。

投稿: evecooky | 2010年9月23日 (木) 07時12分

eveさん
秋探しをしているうちにすっかり涼しくなりました。
野菜も土の香りのものに移って煮物が美味しくなりますね。
芋類も美味しくなって嬉しいです。
京芋もほっこりして美味しいですね。
暮れになると京人参と並んでいるのをよく目にします。
なぜか京芋は亀甲にして煮含めたくなります(笑)

投稿: cypress | 2010年9月24日 (金) 11時45分

この記事へのコメントは終了しました。

« 里芋の辛子醤油 | トップページ | 秋刀魚の湯漬け »