« ゆき | トップページ | いちごシロップ »

山独活

独活とあぶら麩の煮もの。
                                    
           

Photo_2                   

                           
独活皮の塩きんぴら。
                                 
                  

Photo_3                 

                     
春を感じる香り高い山独活。

皮や葉のほうが野性味があって捨てるところがほとんどない。

やわらかく煮ても、シャキッとした歯触りを残したきんぴらもどちらも美味しい。

 

|

« ゆき | トップページ | いちごシロップ »

コメント

cypress さん
「独活」・・ウドってどうしても読めなかった頃「なんやろ~?」っておもっていました。(笑)
香りと言い歯触りと言い・・春が近ずくと出回りますね。
何にしても美味しい~

投稿: evecooky | 2012年3月 1日 (木) 05時33分

eveさん

「独活」は風もないのに勝手に動いているんだそうですよ(笑)
生で、煮て、炒めて、漬けてと美味しくいただいています。
独活の若芽をちょっと味噌汁に入れただけで春の香りを楽しめます!(^^)!

投稿: cypress | 2012年3月 1日 (木) 11時12分

あぶら麩ですね!我が夫は石巻の近くの出身です。あちらの両親が健在だったころは、毎夏家族で帰省していました。あぶら麩がめずらしくて、帰りに買ってきたり義母からの手作りの野菜や漬物を送ってくれる時に入っていたりしていたものです。この頃は東京でも売っていますね。
震災から1年、石巻は復興の途に就いたところ。夫の実家は10年間、両親亡き後空き家だったのですが、津波が川を上ってきて水をかぶり、取り壊されています。

投稿: pasmal | 2012年3月 5日 (月) 12時47分

pasmalさん
あぶら麩はときどき利用してます。
ちょっとコクが出て美味しいですよね。

ご主人様は石巻のお近くのご出身でしたか。
思い出と共に大切なものを失われたのでしょうね。

あの恐ろしい3月11日から1年が経とうとしています。
いろいろな思いが交錯します。
あの日以来人生が一変してしまった多くの方々。
そして今なお先が見えずつらい思いをされている方々がいるという現実。
忘れてはいけないですね。

投稿: cypress | 2012年3月 5日 (月) 14時56分

この記事へのコメントは終了しました。

« ゆき | トップページ | いちごシロップ »