« いんげんのくたくた煮 | トップページ | 春の嵐 »

夏蜜柑シロップとジャム

夏蜜柑ピールをつくったときの果肉でシロップとジャムにする。
いちごシロップのようにつくってみました。

薄皮をむいて夏蜜柑を保存瓶に入れ、グラニュー糖をふりかける。
数日で浸透圧で砂糖が溶けてシロップになる。

佐藤雅子さんの「私の保存食ノート」では、これを夏みかんのスカッシュと書かれていて、文面から爽やかさが伝わってくる。                              
                     

Photo 

佐藤雅子さんレシピは、果肉と同量の砂糖を使っていましたが、控え目にしても、しっかりシロップができます。

炭酸を注いで.......。                                             
            

Photo_2                

これは、果肉に火を通さないことでフレッシュさが生きているし、酸っぱさが和らいで美味しいです。

わたしは、これをまた果肉とシロップに分けて保存(笑)

シロップは濾して、火にかけ、アクを取りながら少し煮詰め、煮沸消毒した瓶に詰めて、保存する。

左側はいちごシロップ。                     
                

Photo_3                     

暑い季節に、氷水や炭酸で割って飲んだり、グラニテにするのもさっぱりしていいと思います。

果肉は煮詰めてジャムにする。
                                                                                                                                   

Photo_4                                                   
                                                                                                   
芳醇な香りのジャムになりました。

 

|

« いんげんのくたくた煮 | トップページ | 春の嵐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いんげんのくたくた煮 | トップページ | 春の嵐 »