« 鰹ごはん | トップページ | 散歩 »

小芋の煮もの

蒸してから皮を剥いて煮含める。

里芋の泥を洗い流し、上から1/3あたりの皮の部分にぐるりと包丁で切れ目を入れて、蒸し器に並べ、強火で12~3分ほど蒸す。

竹串を刺してスッと通ったら、皮を剥く。
                                                         

Photo_6                                                                        

鍋にだし汁、淡口しょうゆ、みりんを合わせて小芋を並べて火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止めて味を含ませる。

やわらかくねっとり。
                                             

Photo_7                                       

青ゆずの皮をおろし金ですりおろす。

いい香りがします。

 

|

« 鰹ごはん | トップページ | 散歩 »

コメント

今年は雨不足で山内のいものこが不作のようです。
それでも産直に行くといい孫芋が手にはいり、母が大好きな芋の子汁をつくりました。
私はやっぱり山形の芋煮は口に合わず、お砂糖が入らない秋田の味がいいです。
青柚子の香りこちらまで漂ってきますよ。
いつも素敵な器にきれいに盛り付けられ素敵です。

投稿: momo | 2012年10月 1日 (月) 17時04分

ちょうど今日 小芋 青柚子買いました。
明日煮てみようと思います。
若いころ好きではなかった小芋 今は大好きに・・・

投稿: クロはち | 2012年10月 1日 (月) 19時34分

momoさん、こんばんは(^^)

里芋と言えばいもっこ汁ですね。
川原で大勢で食べたいもっこ汁最高だったな。
里芋の美味しい時季はきのこも美味しいですからね。
きのこからもいいおだしが出ます。

スーパーの里芋はがっかりするようなものが多いです。

投稿: cypress | 2012年10月 1日 (月) 22時27分

クロはちさん、こんばんは(^^)

いつもは六方剥きにして
しっかり下ゆでしてぬめりを取ってから煮含めるんですが
きぬかつぎで楽しんだ後の残りを煮含めてみました。

青ゆずの香りとともにいただきました。
美味しかったですよ。

投稿: cypress | 2012年10月 1日 (月) 22時33分

この記事へのコメントは終了しました。

« 鰹ごはん | トップページ | 散歩 »