« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

杏ジャム

杏の時季につくったジャム。
         

Photo                      

ちょっと味見。
            

3                         

甘酸っぱくて美味しい。

 

|

ゴーヤの梅炒め

暑くなると梅味が美味しい。
               

Photo             

梅干しは種を取りたたく。

ゴーヤは種を取り、薄切りにして塩を少量ふり10分ほど置いて水で洗い絞っておく。

鶏胸肉は皮を除いてそぎ切りにし、ラップで挟み、肉叩きで軽く叩いて柔らかくし、一口大に切る。ボウルに鶏胸肉を入れ、塩、酒を揉み込み、下味をつけ片栗粉を薄くまぶす。

フライパンを熱し油をひいて鶏胸肉を炒める。肉の色が変わってきたらゴーヤと梅を入れてさらに炒め、全体に火が通ったらできあがり。

最後にかつおぶしをふりかける。
                        

1                           

梅のほんのりした酸っぱさがさわやかです。

 

|

梅じそごはん

夏にぴったりの爽やかなご飯です。
                  

Photo_2                  

梅の酸味としその香りで食が進みます。
         

Photo_3                  

玉子焼き、焼売、オクラのおかか和え、結び昆布の煮たの、南瓜の煮もの、トマト、フリルレタス。

全部食べられなかった(笑)

 

|

冷やしうどん

また同じです(笑)
             

Photo            

薬味をたっぷりのせていただきます。
                

Photo_2   

つゆにつけても、かけても、お好きなように........。

 

|

広島出張土産

はっさく大福。

いろいろなフルーツ大福があるんですね。
                     
                   1

                           
いちご大福にも手を出さずにいましたが、これは試食してみました(笑)

餡子にフルーツは苦手です。
                  

Photo_3

                      
お好み焼きも初めていただきました。
            

Photo_4

                           
薄いクレープ状の生地で具材も混ざらずに層になっているところがいい。

それにこれは温めるだけいい(笑)
                  

Photo_5                  

ごちそうさま。そしていつもありがとう。    

 

|

きつねうどん

中身も味も同じだけれども、煮つけた油揚げを刻んでいます。
                   

Photo_3                      

刻んでもふっくらとやわらか。
                  

Photo_4                 

器も変えてお盆に乗せれば見た目が違います(笑)
                     
                  

|

押しずし

新生姜の甘酢漬けを使った押しずし。
                     

1                     

最初はとがっていた味もまろやかになって美味しい。
                            

Photo         

酢飯に刻んだ新生姜の甘酢漬けと青じそを混ぜ、サーモンを挟んでギュッと押しました。
             

Photo_2                  

押し器はめったに使わなくなった。

そんな道具が他にもある。

           

|

鈴かぼちゃの浅漬け

買ってきた漬けものです。

切り口が鮮やかなレモンイエローで美しい。
                  

Photo

                
ぱりぱりした食感で美味しくいただきました。
                  

Photo_2                     

彩りにお弁当にも入れてみました。
             
         

|

風鈴

河内風鈴。
            

Photo_4                   

そよ風にちりりん、ちりりん、心地よく響く。

 

|

香味野菜と鰻の混ぜ寿司

夏の混ぜ寿司

香味野菜が好きなのでたっぷりです。
               

1                        

鰻の身をこわさないようにそっと混ぜ合わせます。
                     

Photo                   

蒸し暑さで胃腸の働きも弱りまりがちなこの時季にぴったりなご飯です。

さっぱりして美味しいです。
               
                    

|

人参といんげんのかき揚げ

衣は粉少なめ、水多め。
                  

Photo                      

揚げると人参もいんげんも甘くなります。
                           

1                     

揚げたてサクサクを蕎麦といただきました。

 

|

ピクニックコーン

食べきりサイズの小さいとうもろこしです。
                  

2_2            

甘いです。

ラップして冷蔵庫で冷やすと糖度が増してもっと甘くなります。
                      
      

|

ラタトゥイユ

野菜がたっぷり、旨みもたっぷり。
               

1                         

温かくしても冷たくしても美味しい。
                  

2                  

イタリアンパセリご飯に添えてチーズを振っていただきます。

ご飯好きはいつもご飯のお供です(笑)

            

|

丸ズッキーニ

よく見かけるようになった丸ズッキーニ。
                

Photo                        

中をくり抜いて詰め物をしたくなるけれど、刻んで煮込みになりました。
               

Photo_2   

ほかの夏野菜と一緒にしっかり炒めてから野菜自身の水分で蒸し煮にする。
               

Photo_3               

最後は程よく汁けを飛ばして旨みを凝縮する。

ズッキーニと云えば簡単で美味しいラタトゥイユです(笑)

 

|

にゅうめん

白髪ねぎと香菜がたっぷりです。
            

Photo                 

鶏がらスープを煮立て、ナンプラー、塩、しょうゆで味を調える。

器にゆでたそーめんを盛り、スープを注ぎ、白髪ねぎ、香菜をのせる。
                        

Photo_2                     

黒粒胡椒を挽いていただきます。

 

|

トマトのマリネサラダ

美味しい完熟トマトをカットして玉ねぎドレッシングでマリネする。
                  

Photo         

酸味が効いています。

和えてすぐ食べても美味しいですし、時間が経つと汁気が出るんですが、これもまた美味しいものです。
               

4                  

お弁当に入れて私の夕ご飯でした。
            
         

|

焼肉弁当

焼肉には白髪ねぎ。
            

Photo               

香りと辛みがひかえめでシャキシャキした食感は焼肉の付け合わせにもぴったり。
                

Photo_2                  

白髪ねぎカッターなる便利なものがあるらしいが、わたしは刻むのが好きです(^^)

            

|

簡単冷やしスープスパゲッティ

トマトジュースにイタリアンドレッシング、胡椒。

好みで粉チーズ。
       

Photo_2                        

スパゲティは表示時間より2~3分長くゆで、冷水でしめたあとしっかり水けをきる。
               

Photo_3      

猛暑日。

簡単がいいでしょう。

 

|

ティラミス

やさしい甘さに心がほぐれる。
                  

Photo                  

スポンジを焼いてスライスする。

スポンジにコーヒーリキュールを浸み込ませチーズクリームを塗り、段々に重ねる。
                                  

1                     

習ったティラミス。

思っていたものとは全然違ったけれどこれもティラミス。

 

|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »