« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

無花果のコンポート

シンプルです。
               

Photo_4            

一度ゆでこぼして皮を剥き、シロップで静かに煮て、仕上げにレモン汁を加えました。
            

Photo_5               

甘さ控えめのシロップで煮ただけの無花果も爽やかで美味しいものです。

 

|

親子ちらし

旬のちらし。

鮭と自家製のいくらの醤油漬け。
            

Photo_8                         

お米も新米に切り替わり、鮭も秋の味覚。

いくらがぷちぷち弾けて旨みが口いっぱいに広がります。
                  

1_2               

生わさびは、根茎をラップに包んで冷凍しておくと、半年くらいはあまり鮮度も落ちないで保存できる。

食べるときは、冷凍のまますりおろし、残った部分は直ちに再び冷凍庫で保存します(笑)

               

|

塩炒り銀杏

毎年同じことを繰り返しています。
             

2_2                     

銀杏の殻を剥き、小鍋に銀杏がひたひたになるくらいの水を入れて沸騰させ、塩と銀杏を入れる。

杓子の裏側で銀杏を転がすとだんだん薄皮がはがれてくるので取り除く。

そのまま水分を完全に飛ばして、塩炒りの出来上がり。
                                  

1                           

新鮮な銀杏は、色も美しい。
                  

Photo_7                  

もちっとして美味。

 

|

お気に入りの靴

どんなに歩いても足が痛くならない靴。
       

Photo                  

やっとやっと晴れ渡って空気が爽やか。

もうこれからは秋の装いでお出かけできますね(^^)

                          

|

無花果のサンドイッチ

無花果ジャム、クリーム、フレッシュ無花果のサンドイッチ。
                  

Photo_3            

クリームの材料は、マスカルポーネチーズ室温に戻して50g、生クリーム100ml、グラニュー糖大さじ1。

ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れて泡立て、すくい上げると角ができ、クリームの先が折れるくらいになったら、マスカルポーネチーズを加えて混ぜる。
             

Photo_4                

好みの味に仕上がった。

フルーツサンドも食べてみると案外美味しいものである(笑)

 

|

無花果ジャム

ジャムは色がきれいじゃないとつくる楽しみがない(笑)
             

Photo_5       

無花果は、皮ごとざく切りにして、グラニュー糖を振りかけ、水分が出たら火にかけ、丁寧にアクを取りながらとろりとするまで煮て、レモン汁を加えて仕上げる。
             

Photo_6                

程よい甘さとプチプチ食感。

美味しい。

 

|

アラビアータ

唐辛子とにんにくの効いたトマト味のパスタ。
               

Photo                        

オリーブオイルで赤唐辛子、にんにくを炒め、トマトソースを加えて煮立ったら茹でたスパゲッティを加えてからめる。

火を止め、素揚げ茄子とパルメザンチーズをふり、全体をからめ、塩で味を調える。
            

Photo_2                  

作り置きトマトソースで手早く仕上げる。

 

|

蓮根のきんぴら

シャキシャキした歯ごたえと甘辛味でご飯が進みます。
            

Photo            

ごま油でさっと炒めて味付け。
                  

Photo_2 

素材の味だけではなく食感も美味しさのひとつです。
            

4             

冷めると味が馴染んでさらに美味しい。

 

|

酢蓮根

アクが少なくみずみずしい色白新蓮根。
                

1                  

薄切りした蓮根をさっとゆでてさっぱり甘酢に漬けました。
               

Photo            

酢のさっぱりした風味は箸休めにぴったりです。
               

Photo_2                      

シャキシャキ歯触りを楽しみました。

 

|

すだちそうめん

またまたすだちそうめん。
               

Photo_2            

香りと酸味が爽やかで、もうそれだけでごきげんなのです。
             

Photo_3           

つるつるっと美味しい。

つゆが美味しい。

 

|

ゴーヤチャンプルー

まだまだ暑いのでゴーヤも食べています。
            

Photo      

ゴーヤ、豆腐、豚肉、卵と栄養的にも優れています。
               

1                

味付けは塩、胡椒、仕上げにしょうゆを回しかける。

 

|

無花果と生ハム、チーズのサラダ

完熟無花果。

全体に赤い色がまわって美味しそう。
               

Photo_3             

この赤紫はアントシアニン。

抗酸化力が強く目の健康にいい栄養素です。
                   

Photo_4          

完熟の無花果は皮がやわらかいので皮ごとでも食べられます。

でもこのサラダは皮をむいています(笑)
                  

1             

無花果、生ハム、カマンベールチーズ、フリルレタス、ルッコラ、パクチー、トマト、白バルサミコ酢、オリーブオイル、塩、胡椒。

無花果、生ハム、チーズは相性バッチリの組み合わせです。

 

|

いくらの醤油漬け

秋なんですね。

魚売り場に北海道産の生筋子が並んでいました。
               

Photo                      

例年の如く、まずは一回目のいくらを仕込みました。
                     

Photo_2       

生筋子をほぐし、好みの漬けだれに漬けるだけです。

         
今日も暑かった。

            

|

プルーンジャム

程よい甘さと酸味。
               

Photo_3                   

プルーンは、種を取って皮ごとざく切りにしてグラニュー糖を振りかけ、水分が出たら火にかけ、アクを取りながらとろりとするまで煮て、レモン汁を加えて仕上げる。
                        

Photo_4                

ジャムは、いつも感覚だけでつくっています。

果実の味をみて砂糖の量を決め、レモン汁も味をみながら量を決めています。
                

1         

試食タイム。

 

|

すだち蕎麦

爽やかなすだちの香りがふんわり。
                

Photo                  

スライス したすだちをたっぷり浮かべました。

つゆはすだちの酸味をいかしてすっきりした味に仕上げました。
                      

Photo_2            

つゆも美味しくいただきました。

 

|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »