豆ごはん

色を楽しんで、香り、味を楽しむ。
                  

Photo_4                              

莢から外すときのあの青臭い豆の香りが、火を通すと豆のいい香りと甘みが感じられ、グリーンピースが美味しいと思える瞬間です。
               

Photo_5                   

ほんのり塩味で豆の香りと甘みが感じられて美味しい豆ごはんになりました。

 

| | コメント (0)

鶏肉とエリンギのクリーム煮ご飯

簡単クリーム煮。

ご飯に添えて好きなようにいただきます。
            

Photo         

一口大に切った鶏肉の両面に塩、胡椒を振り、小麦粉をまぶす。

サラダ油をひいたフライパンを中火にかけ、鶏肉を皮側を下にして並べ、焼き色がついたら裏返し、バターを加えて溶かし、食べやすく切ったエリンギを加えて炒め、少ししんなりしてきたら白ワインを加えて蒸し煮にする。

仕上げに牛乳を加えて煮立ったら塩、胡椒で味を調える。
                

Photo_3      

ブロッコリーとカマンベールチーズのサラダ。

ゆでたブロッコリーとカマンベールチーズにドレッシング(白ワインビネガー、EXVオリーブオイル、塩、胡椒)を加えて和えただけです。
                

Photo_2                  

今日も美味しくいただきました。
                     
                   

| | コメント (0)

オムレツご飯

何年も作ってなかった気がするオムレツです。
                     

1        

失敗しました。
                   

Photo                

簡単なようでいて難しいのが玉子料理です。

ちょっと油断すると好みのものとは違うものになってしまいます(笑)

 

| | コメント (0)

鯛茶

度々登場の鯛茶漬けです。
                   

Photo   

いつも最初はそのまま、そして熱々のだし汁をかけていただきます。

ご飯に鯛と三つ葉、山葵をのせ、熱々のだし汁をかけると鯛の表面が白くなって、それを混ぜ混ぜしながらサラサラいただきます。
                         

1_2            

ときどき、食べたくなる鯛茶漬けです。
               

Photo_2                  

今日も美味しくいただきました。
       
        

| | コメント (0)

炒飯

長ねぎがたっぷり。
                  

Photo               

さささっとつくって、はいどうぞ。
                   

Photo_2        

お昼に食べたいものが何も浮かばなかったので夫が喜ぶ炒飯にしました。

一時よく食べていた炒飯、久しぶりです。

      

| | コメント (0)

なめたけでご飯

ぷるぷるしゃきしゃきしたなめたけです。

コトコト煮るだけでとろとろのなめたけになり、一晩置くとぷるっと更に美味しくなる。
                           

Photo_3                        

なめたけ、ちぢみほうれん草、菊花の盛り合わせ。
             

Photo_4                      

鯖の塩焼きたっぷり大根おろし添え、蓮根の甘酢漬けとちょろぎの梅酢漬け、ほうれん草と豆腐の味噌汁。
                   

Photo_6         

今日もさっぱり美味しくいただきました。

          

| | コメント (0)

つぼみご飯

季節の定番。
          

Photo          

菜の花の蕾み部分をオリーブ油で炒め、お酒を振って蓋をしてサッと蒸し、しょうゆ、かつお節をからめる。

炊きたてのご飯にのっける。
            

1

                        
たったこれだけなのに、すごく美味しいのです。

 

| | コメント (0)

鯛茶

度々登場の鯛茶ですがいつ食べても美味しいです。
                     

Photo_2                        

生山葵をたっぷり添えていただきます。
               

1          

①鯛上身さく(刺身用)をうすく切り、バットに並べ、ごく薄く塩を振り、10分ほどおく。
②小鍋に白胡麻を入れて、弱火でゆっくりと炒り、すり鉢に入れて、脂が出るくらいまでよく擂る。調味料(醤油、砂糖、煮きり酒)を少しずつ入れてのばし、①の鯛を15分ほどつける。
③鍋に昆布と水を入れて、火にかけ、沸騰する直前に昆布を取り出し、塩、醤油で味付けする。
④温かいご飯に②の鯛と薬味、山葵をのせ③の熱い汁をかける。                
                  

脂が出るくらいしっかり胡麻を擂るとねっとり絡みつくようなタレになりますし、ちょっと粗さが残る程度に擂るるとさっぱりとそれぞれの味わいが楽しめます。

胡麻を炒っているときも胡麻を擂っているときもいい香りがしてこういう工程が好き。

 

| | コメント (0)

牡蠣ごはん

シンプルな牡蠣ごはん。
                  

Photo           

牡蠣をしょうゆ、酒、生姜で煮て、ふっくらしたら火を止めて具と煮汁に分ける。

煮汁に水を加えて炊き、牡蠣は炊き上がってからのせて蒸らす。
                     

Photo_2         

ちぢみほうれん草のおひたし、なます、豆腐とあぶら麩の味噌汁。
    

「今日は寒いね」と言いながら熱い汁を啜る。

             

| | コメント (0)

七草粥

恒例の七草粥。
               

Photo            

今年も炊飯器で炊きました。
            

Photo_2                              

春菊の胡麻和え、鶏肉の野菜甘酢あん、揚げと大根の味噌汁、柚子大根と梅干し。

無病息災を願いつつ、美味しくいただきました。
                

Photo_3          

器も使いやすいものばかりがいつも並んでいます。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧